日曜日, 4月 21, 2024
ホームその他ケイアイスター不動産 SDGsを学ぶ 第1回植樹体験会を開催

ケイアイスター不動産 SDGsを学ぶ 第1回植樹体験会を開催

木造住宅の資材「木材」を林業の現場を通して学ぶ植樹体験会を初開催

ケイアイスター不動産株式会社は、平林林業株式会社と共同で2022年7月9日(土)に茨城県久慈郡大子町で第1回植樹体験会を開催しました。

 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二、以下「当社」と言う。)は、平林林業株式会社(本社/茨城県久慈郡大子町、代表取締役/平林 正典、以下「平林林業」と言う。)と共同で2022年7月9日(土)に茨城県久慈郡大子町で第1回植樹体験会を開催しました。
 

ケイアイスター不動産 SDGsを学ぶ 第1回植樹体験会を開催のサブ画像1

                平林林業の皆さんと当社従業員  ※撮影時のみマスクを外しています。
 

  • 建設を担う事業部が立案

 当社は、2017年にダイバーシティ推進室を設立し、性別や国籍、障がいの区別なく様々な人材が多様な働き方を実現するため様々な施策を取り組んでおります。その結果、「新・ダイバーシティ経営企業100選」「なでしこ銘柄」を獲得するなど評価を得てまいりました。2021年6月、この組織を発展させ、次のステップに向けて、サステナビリティ推進室を発足しました。
 サステナビリティ推進室では、ESGやSDGsについて社内に周知するため、従業員の研修で講話を行うなど啓発活動を積極的に行っています。その一環として当社の建設統括部が主催となり、木材活用への理解促進を目的に、当社の取引先である平林林業にご協力いただきながら今回の植樹体験会の開催に至りました。
 イベントは、ウッドショックなどにより国産木材の使用率向上に注目が集まっている中、「私たちは何を理解しているのか?」「木造住宅の販売・施工に関わる企業の従業員として分からない事(知らない事)を知る機会が必要ではないか?」という意見をきっかけに企画を立案しました。この植樹体験会を通じて森林資源の利用サイクルを知る事により、「なぜ国産木材が注目されているのか?」を林業を通して学び、理解促進を図りました。
 

  • 初開催は30本の植樹を実施

 今回のイベントは、当社の従業員を対象に林業の基本を学ぶ座学と実際の現場で植樹する2部構成としました。植樹体験会の初開催ということもあり、今回は全体で定員10名として開催し、各部署から従業員が参加しました。

【林業を学ぶ座学】
 平林林業が主導となり、林業の年間の仕事と日本の森林の状況について講話を行いました。木材となる樹木は樹種により35年~40年が標準伐期齢と言われていますが、最も価値が高く流通できるには樹齢50年~60年の立木とされていること、その為には伐採だけでなく、計画的な植樹と育成、間伐が必要となることを学びました。
 その他、樹齢が一定年数を過ぎると炭素呼吸量が減少し且つ、樹齢30年以上が経過した杉は大量の花粉を飛ばすため、伐採~植樹~育成~間伐の循環をすることで、炭素呼吸量を増やし花粉を減らせることも学びました。

ケイアイスター不動産 SDGsを学ぶ 第1回植樹体験会を開催のサブ画像2

【苗木(杉)を植樹】
 座学で学んだことを基に実際に植樹をしている現場へ行き、平林林業の指導のもと今回は杉の苗木を30本植樹しました。

ケイアイスター不動産 SDGsを学ぶ 第1回植樹体験会を開催のサブ画像3

                 ※熱中症防止のため、感染対策のもとマスクを外して作業しています。
 

  • 今後について

 今回は初開催ということもあり、従業員対象で人数を限定して植樹体験会を開催いたしました。今後は、座学や植樹の内容をブラッシュアップしていき、参加者の増員と、さらに毎年恒例の行事としていき「KEIAIの森」づくりを目指します。そして、この植樹体験会を通してSDGs宣言の「目標15.陸の豊かさを守ろう」への理解促進を図ってまいります。

ケイアイスター不動産 SDGsを学ぶ 第1回植樹体験会を開催のサブ画像4

■ 平林林業株式会社とは
【会社概要】
社 名  平林林業株式会社
代 表  平林 正典
所在地  〒319-3704 茨城県久慈郡大子町上之宮2537
設 立  2008年5月
事業内容 私有林の伐採(間伐)搬出の生産請負事業

 
■ケイアイスター不動産株式会社とは
 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』を提供しています。仕入れから販売までを一気通貫で行うリアル×テクノロジーの基盤である「KEIAIプラットフォーム」を構築。テクノロジーの積極的な導入とコンパクト戸建住宅による独自のビジネスモデルによって、国内分譲住宅市場シェアの拡大を図ります。今後も不動産業界のDXを牽引するリーディングカンパニーとして、価値ある分譲住宅を提供していきます。
 戸建分譲事業を中心に、1都1府16県(宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、佐賀、熊本、大分、鹿児島)で展開。年間5,400棟(土地含む)以上を販売(※)しています。2022年3月期の売上高は1,843億円(※)。一般社団法人日本木造分譲住宅協会の立上げに参加し、国産木材の利用を促進するなどESGにも力を入れています。
 2021年、経済産業省「新・ダイバーシティ経営企業100選」「DX認定事業者」認定、「2021年度グッドデザイン賞」受賞。(※グループ連結数値)
 

【会社概要】
社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証プライム市場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金  4,809百万円(2021.9.28現在)
設 立  1990年11月
従業員数 2,078名(連結 / 2022.4.1現在)
URL   https://ki-group.co.jp/
事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

 
【リリースPDF】
https://prtimes.jp/a/?f=d29869-20220725-a6d882a44a698611d2fb4ec29688ae5e.pdf
 

【報道関係者からのお問合せ先】
ケイアイスター不動産株式会社 戦略開発本部 PR課
TEL:03-6551-1750  FAX:03-6551-2567 E-mail:press@ki-group.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments