日曜日, 4月 21, 2024
ホームその他次世代通信規格「シングル・ペア・イーサネット」推進団体『Single Pair Ethernet Consortium』へ加入

次世代通信規格「シングル・ペア・イーサネット」推進団体『Single Pair Ethernet Consortium』へ加入

株式会社ギガプライズ(名古屋証券取引所 ネクスト市場上場、証券コード:3830、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 寿洋、以下「当社」)は、今後の社会のデジタル化に大きく寄与することが見込まれる通信・給電の融合技術「Single Pair Ethernet(シングル・ペア・イーサネット)」 の普及を推進するコンソーシアム『Single Pair Ethernet Consortium(SPEC)』に加入いたしましたので、お知らせいたします。

次世代通信規格「シングル・ペア・イーサネット」推進団体『Single Pair Ethernet Consortium』へ加入のサブ画像1

■ SPECへの加入について

SPECが普及を推進する「Single Pair Ethernet(以下「SPE」)」は、4対ケーブルを使用する既存システムと異なり、1対ケーブルを使用するため、省資源化につながる新しい技術です。また、直流給電システムによる省エネルギー化を実現するとともに、多様な電源システムとの連携も可能です。 SPECは、環境性能に優れたSPEを、スマートシステムの基盤技術として街や工場、ビルや住宅等のシーンで利用可能にし、持続可能な世界の実現に貢献することを目指しています。

当社は、2020年にSPEの技術を用いた集合住宅向けインターネット接続サービス「SPES」の提供を開始いたしました。「SPES」は既存電話線を用いるため、既存物件へのスムーズなサービス導入が可能となり、管理会社様やハウスメーカー様にご採用いただいております。
そしてこの度、住まいを中心とした快適で安心・安全な街づくりに貢献する企業としてSPECの趣旨に賛同し、サポーター会員として加入いたしました。 今後は、集合住宅や街での活用に向けた実証実験へ参加するなど、SPEの標準化・普及に向けての取り組みをサポートしてまいります。

■ 当社について

当社は、集合住宅向けインターネット接続サービスを中心に、不動産業界に向けたトータルITソリューションを提供しております。今後も、住まいを中心とした街づくりに貢献する企業として、独自のノウハウとテクノロジーとの融合による付加価値の高いサービスを提供し、企業価値の向上と持続的成長を目指してまいります。

● 既存物件向けインターネット接続サービス「SPES(エスピーイーズ)」

次世代通信規格「シングル・ペア・イーサネット」推進団体『Single Pair Ethernet Consortium』へ加入のサブ画像2

https://www.gigaprize.co.jp/service/spes.html

「SPES」は、NECネッツエスアイ社・Broadcom社と連携し共同開発した集合住宅向けインターネット接続サービスです。業界が長年課題としてきた、既存物件へのサービス導入にかかる時間的コストなどを縮小し、短期間でのインターネット接続を可能とします。

■ 会社概要

株式会社ギガプライズ  (名古屋証券取引所 ネクスト市場上場、証券コード:3830)
設   立        1997年2月
代表取締役社長   佐藤 寿洋
所 在 地       〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー7F
事 業 内 容       集合住宅向けISPサービスやIoTソリューションサービスなどを提供する
              HomeIT事業を主軸に不動産分野に関連したサービスを提供
              URL:https://www.gigaprize.co.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments