日曜日, 4月 21, 2024
ホーム商品サービスビットキーと日本郵便 オートロックマンションへの置き配実証実験第2弾を開始

ビットキーと日本郵便 オートロックマンションへの置き配実証実験第2弾を開始

株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻 祐樹・福澤 匡規・寳槻 昌則、以下、ビットキー)は、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:衣川 和秀、以下 日本郵便)と、東京都内のオートロックマンションに配達されるゆうパックを対象として、2022年7月19日〜同年8月5日の間、置き配の実証実験(以下、本実験)を実施いたします。
両社の実験は昨年に続き2回目となります。

ビットキーと日本郵便 オートロックマンションへの置き配実証実験第2弾を開始のサブ画像1_対象マンションで配達する様子 対象マンションで配達する様子

 

本実験の背景

近年のECの急激な利用増加に伴う、配達員への業務負荷増大の背景から、2021年7月、ビットキーと日本郵便はオートロックマンションへの置き配実証実験を実施しました。前回の実証実験では、再配達率や配達に要する時間、対象者の満足度などを検証し、一定の成果を得られました。本実験では、前回と比較し世帯数の多い大規模マンションを対象にすることで、スマートロックの導入が配達効率向上に寄与するか検証することに加え、より広く利用者の声を集めることで、満足度の高い配達フローを検証することを目的としています。

■ 本実験の概要

場所   :東京都江東区の大規模分譲オートロックマンション
期間   :2022年7月19日〜8月5日
対象者  :事前にお申し込みいただいた入居者
実証内容 :配達に要する時間、配達員の業務負荷の軽減度合い、対象者の満足度などを検証
事前設置物:オートロックエントランスのドアと連携したbitlock GATE
対象荷物 :対象者宅宛のゆうパック(料金の支払いを伴うもの、セキュリティ、生ものなどを
      内容品とするものなど、一部置き配を実施しない荷物があります。)

■前回(2021年)の実験概要

場所   :東京都世田谷区のオートロックマンション
期間   :2021年7月27日〜8月20日
対象者  :事前にお申し込みいただいた入居者
実証内容 :再配達率や配達に要する時間、対象者の満足度などの検証
事前設置物:オートロックエントランスのドアと連携したbitlock GATE顔認証を可能にする、
      bitlock GATEと連携したタブレット端末
対象荷物 :対象者宅宛のゆうパック、国際小包、EMS(料金の支払いを伴うもの、セキュリティ、
      生ものなどを内容品とするものなど、一部置き配を実施しない荷物があります。)

■運用方法

本実験期間中、対象者の自宅宛にゆうパックのお届けがある場合、配達員はビットキーの開発した専用スマートフォンアプリを用い、共用部のオートロックの鍵を解錠*。配達先の玄関前へ置き配します。
*配達員は配達可能時間が予め指定されており、早朝・深夜帯などの利用は不可

ビットキーと日本郵便 オートロックマンションへの置き配実証実験第2弾を開始のサブ画像2

■今後の展開

両社は、本実験を通じて得た結果をもとに、本格的なサービス展開について検討し、お客様へのさらなるサービス向上に向けた取り組みを進めてまいります。

■bitlock GATEについて

ビットキーが開発する電子制御ドア向けのスマートロックです。
スマートフォンアプリから扉の鍵を簡単に開閉可能です。居住者が不在の場合でも、「人・時間・回数」などの制限付きデジタルキーを発行することで、配達員や、家事代行スタッフなどがスマホでオートロックのエントランスの鍵を開けることができます。

【会社概要】
社名  :株式会社ビットキー
所在地 :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン9F
代表者 :代表取締役CEO 江尻祐樹
     代表取締役COO 福澤匡規
     代表取締役CCO 寳槻昌則
創業  :2018年8月1日
資本金 :12,036,920,300円(2021年9月30日現在 資本準備金を含む)
事業概要:デジタルコネクトプラットフォームの企画・設計・開発
     Home/Workspace/Experience領域のコネクトプラットフォームの開発・販売・運用
     上記プラットフォームと連携するプロダクトおよび、サービスの開発・販売・運用
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments