日曜日, 4月 21, 2024
ホーム商品サービスおとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始

おとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始

リアルタイムの物件情報を共有することで、入居希望者に正確な情報を提供

テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにするイタンジ株式会社が提供する、リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」(https://lp.itandibb.com/bb-detail/)は、2022年7月19日より、株式会社LIFULLが運営する、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S 」と連携し、ミサワホーム不動産株式会社の募集物件情報の共有を通して「おとり広告」の削減に向けた新たな取り組みを開始します。

おとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始のサブ画像1

◆ 背景

一般的な賃貸物件の募集広告において、「不動産管理会社が更新する物件情報を不動産仲介会社がリアルタイムに把握できない」という業界構造が原因で、賃貸物件サイトや自社サイトに物件広告を掲載する際、情報更新が追いつかず、募集が終了した物件の消し忘れが起こってしまいます。このように、不動産賃貸サイト上で入居募集をしていながら、実際に取り扱いのない物件、いわゆる「おとり広告」が、仲介会社や入居希望者の不便さや不利益を生む大きな課題となっています。
そういった不動産業者間の情報の非対称性に対し、2020年6月より、リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」では、サイト上の賃貸物件への入居申込と募集情報を即座に同期させ、賃貸可能な物件をリアルタイムで検索できるようにすることで、「おとり広告」の削減に貢献してきました。

◆ 概要

2022年7月より、リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB (イタンジ ビービー) 」は、株式会社 LIFULLが運営する、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S 」と連携し、ミサワホーム不動産株式会社の募集物件情報の共有を通して「おとり広告」の削減に向けた取り組みを開始します。
この取り組みは、「ITANDI BB」を使用するミサワホーム不動産株式会社の管理物件情報をAPI連携で「LIFULL HOME'S 」に共有し、「LIFULL HOME'S 」はサイト上に掲載している物件情報を照合の上、募集終了物件を自動で非掲載にすることができるという従来にないアプローチで「おとり広告」という課題の解決を目指すものです。イタンジは、「ITANDI BB」の発展を通じて「おとり広告」の削減、賃貸不動産業界のDX推進に貢献し、賃貸不動産事業者の業務効率化を支援すると同時に、入居者にとって安全で利便性の高いサービスを提供してまいります。
 

今回の仕組みの説明図

おとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始のサブ画像2

◆ その他「おとり広告」の削減への貢献

イタンジでは、toC向けに展開するネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO」( https://oheyago.jp/ )においても、「ITANDI BB」と物件情報を連携させることで、「おとり広告」の無い「今、住める部屋」のみを掲載しています。(※1)
「OHEYAGO」では、最短30分前からの事前予約により自身のペースで気軽に希望物件を内見することができ、物件探しから入居申し込み、契約までの一連の手続きがスマートフォン1つで可能です。また、22年5月18日に施行された(※2)改正宅地建物取引業法にあわせ、お部屋探しから入居申込・契約までを完全電子化し(※3)、新しい生活様式に対応した賃貸取引の変革を推進しています。

◆各社コメント
<イタンジ株式会社 代表取締役 野口真平>

おとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始のサブ画像3

イタンジは不動産取引における情報の非対称性の解消をミッションに掲げてきました。「おとり広告をなくすこと」は創業時からの願いでもあります。
当社はこれまでも、toB向けのリアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB」や、toC向けのネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO」の提供を通して、不動産業界における情報の非対称性改善に貢献してまいりましたが、「おとり広告」は業界全体の課題であり、不動産取引に関わる企業同士が連携し、不動産賃貸取引の仕組み自体を変えていく必要があると考えておりました。本取り組みにより「おとり広告削減」の一助となれましたら幸いです。

<株式会社LIFULL LIFULL HOME'S事業本部 事業統括部 事業支援ユニット長 加藤哲哉>

おとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始のサブ画像4

私ども不動産ポータルサイト運営会社にとって、最も重要な事は、サイトを利用するユーザーの利便性を高めることです。
この度の、イタンジ様ならびにミサワホーム不動産様との情報連携は、募集終了物件に遭遇するユーザーを減らし、ベストな住まいへのマッチングとするための取り組みであり、不動産情報の正確性の向上だけでなく、広告掲載会社の情報更新作業のDX化を推進する為の大きな一歩になると考えております。

◆「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」

「ITANDI BB」は、現在、約2,800店舗の管理拠点で導入、約46,000店舗の仲介拠点で利用され、VRコンテンツと自動連携(※4)するなど、ネット不動産(※5)に対応した賃貸不動産業務の実現を推進しています。なお、「ITANDI BB」への物件掲載は無料です。

おとり広告削減のためイタンジとLIFULL、ミサワホーム不動産が新たな取り組みを開始のサブ画像5

(※1) OHEYAGO上に掲載されている一部物件については、当該情報更新までのタイムラグにより、募集終了となっている場合があります。
(※2)参考プレスリリース: https://www.itandi.co.jp/news_posts/534
(※3)出典:国土交通省「宅地建物取引業法施行令及び高齢者の居住の安定確保に関する法律施行令の一部を改正する政令」等を閣議決定
https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo16_hh_000001_00035.html
(※4)参考プレスリリース: https://www.itandi.co.jp/news_posts/534
(※5)オンライン完結型の不動産取引サービスのこと( 2022年4月に株式会社GA technologiesが定義)

◆ 「ITANDI BB」無料物件掲載に関する不動産会社様からのお問い合わせ

TEL  : 03-6441-3954(土日祝日を除く10:00~18:00)
PC・スマホ  :https://lp.itandibb.com/bb-detail/#contact

◆ 株式会社LIFULL 概要   (東証プライム:2120、URL:https://LIFULL.com/

LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、個人が抱える課題から、その先にある世の中の課題まで、安心と喜びをさまたげる社会課題を、事業を通して解決していくことを目指すソーシャルエンタープライズです。
2022年3月に設立25周年を迎え、現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しており、主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL 地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL 介護」など、この世界の一人ひとりの暮らし・人生が安心と喜びで満たされる社会の実現を目指し、さまざまな領域に事業拡大しています。

社名:LIFULL株式会社
代表者:代表取締役 井上 高志
URL:https://lifull.com/
本社:東京都千代田区麹町1-4-4
設⽴:1997年3月12日
資本⾦:9,716百万円
事業内容:
・不動産情報サービス事業
・日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフル ホームズ)」の運営

◆ミサワホーム不動産株式会社 概要 (URL:https://realestate.misawa.co.jp/

社名:ミサワホーム不動産株式会社
代表者:代表取締役社長執行役員 岡村 康晴
本社:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル15階
設立:1993年12月3日
事業内容:
1. 賃貸管理事業
・アパート・マンションの経営サポート(長期経営をサポートする安心サービス)
・オーナーの資産運用コンサルティング
・快適入居をサポートするサービス
2. 不動産事業・不動産開発
・優良な投資物件・事業用物件・宅地の売買・仲介・買取・再生・販売
・不動産特定共同事業
・調査・企画・コンサルティング

◆ イタンジ概要

イタンジ株式会社は、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げ、不動産賃貸業における課題を解決するサービスを提供する不動産テック企業です。
主力事業である、賃貸管理会社・仲介会社向けSaaSサービスは、ARR前年比61%(*1)と急成長。本サービスを通じた電子入居申込数は、年間約63万件(入居申込サービス利用数 2年連続No.1)、
入居申込関連書類のペーパーレス化により年間約500万枚の紙の削減を達成するなど賃貸不動産業界のDXを推進しています。(*2)

(*1)ARR:Annual Recurring Revenue(年間経常収益)。各四半期末の⽉末MRRに12を乗じて算出。ITANDI BB+の2021年1⽉時点と2022年1⽉時点でのARRを⽐較
(*2)対象期間:2021年4月1日~2022年3月31日。No.1調査委託先:TPCマーケティングリサーチ株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:松本 竜馬)

社名:イタンジ株式会社
代表者:代表取締役 野⼝ 真平
URL:https://www.itandi.co.jp/
本社:東京都港区六本⽊3-2-1 住友不動産六本⽊グランドタワー 40F
設⽴:2012年6⽉
資本⾦:3,600万円
事業内容:
・リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB (イタンジビービー)」の開発、運営
・不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジビービー プラス)」の開発、運営
・ネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO(オヘヤゴー)」の開発、運営 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments