土曜日, 4月 13, 2024
ホーム調査レポート【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.211「不動産投資のリスク管理と市況サイクル」

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.211「不動産投資のリスク管理と市況サイクル」

三菱UFJ信託銀行株式会社(東京都千代田区、取締役社長:長島 巌)は、この度不動産マーケットリサーチレポートVol.211「不動産投資のリスク管理と市況サイクル」を発行しました。

  • ​不動産投資のリスク管理を念頭に、取引回転率と運用収益率を推計
  • 取引回転率の動向は2010年~2012年、2013年~2014年、2015年以降の期間で異なる
  • 国内不動産投資の累積リターンを他資産と比較すると、中長期の時間軸ではREITに近い

 

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.211「不動産投資のリスク管理と市況サイクル」のサブ画像1

企業不動産の取引回転率​

●2010年~2012年

– 回転率が全国平均で0%台半ばと低位で推移

– 不動産業向け貸出態度は依然タイトであり、企業不動産の取引は低迷
●2013年~2014年
– 異次元緩和も背景に、企業不動産の売買急増
– 回転率は全国的に大きく上昇
●2015年~2021年
– 回転率は全国平均で概ね1%台前半で推移
– ワークプレイスの見直しで自社ビルを売却する等、オフィスの回転率はコロナ禍発生前後で大きな変化みられない

 

 

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.211「不動産投資のリスク管理と市況サイクル」のサブ画像2

J-REITが取得した不動産のリターン

– 世界金融危機後の一時期を除き、不動産の累積リターンは長らく上昇基調
– 市況ピーク時に取得して以降、しばらく含み損を抱えていたケースでも、オフィス(築浅・中規模)では2015年、住宅(築浅)では2011年に投資時点の水準を回復

市況悪化時の下落インパクト

– 2008年頃からの市況悪化時には、築浅・中規模オフィスでは▲6%~▲18%ほど、築浅住宅では▲5%~▲7%ほど下落

 

レポート全文はこちらからご覧ください。
https://safe.tr.mufg.jp/houjin/fudousan/f_report/pdf/fr_2022070501.pdf?20220706090221

レポートのメール配信をご希望の方はこちらからご登録ください。
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mfqj-pirjq-9b9011254f2028df84bd4a4c2acd7eac

【本件に関するお問合せ先】
三菱UFJ信託銀行 不動産コンサルティング部
竹本 遼太
電話:050-3689-2900
mail:ryota_takemoto@tr.mufg.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments