土曜日, 4月 20, 2024
ホーム調査レポートいい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、過去最大級の居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<京都府版>」「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2022<京都府版>」として集計しました。

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像1

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像2

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像3

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像4

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像5

•近接駅を統合しています。2つ以上近接駅を統合した場合は、駅名の後にA(area)を付記しています。
•烏丸A:烏丸・四条、伏見桃山A:伏見桃山・桃山御陵前、神戸三宮A:三ノ宮・神戸三宮(阪急神戸線)・神戸三宮(阪神本線)・神戸三宮(神戸高速鉄道東西線)・三宮・花時計前、梅田A:梅田・大阪梅田(阪急神戸線)・大阪梅田(阪神本線)・大阪・北新地・西梅田・東梅田、高槻A:高槻・高槻市、嵐山A:嵐山(阪急嵐山線)・嵐山(京福電鉄嵐山本線)・嵯峨嵐山・嵐電嵯峨、丹波橋A:近鉄丹波橋・丹波橋、京都河原町A:京都河原町・祇園四条、祝園A:新祝園・祝園
•評点は、今住んでいる街への評価について、大変満足している:100点、満足している:75点、どちらでもない:50点、不満である:25点、大変不満である:0点とした場合の平均値です。
•偏差値とは、評点の平均値が50になるように変換し、評点の数値が評点の平均値からどの程度隔たっているのかを示したものです。表中の偏差値が同じ場合、小数点2位以下が異なります。
•「街の住みここちランキング」は、2019年~2022年の回答を累積して集計、「住みたい街ランキング」は、2022年の回答のみを集計しています。
•「住みここち(駅)ランキング」は、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30名以上の駅を、「住みここち(自治体)ランキング」は回答者50名以上の自治体を対象に集計しています。
•「住みたい街(自治体)ランキング」は、京都府居住者による全国の自治体を対象とした2022年回答を集計しました。
•住みたい街ランキングでは、行政区はまとめて一つの自治体として集計していますが、大阪市・京都市・神戸市・堺市は行政区を分けて集計しています。
•昨年は京都府内のみの自治体を対象に集計していたため、県外の自治体の昨年順位は「-」となっています。
 

  • 総評

■住みここち(駅)ランキングトップは、2年連続で烏丸御池

唯一偏差値70台の高い評価で、烏丸御池が2年連続で1位です。2位は、駅周辺に商業施設や銀行、京都府庁などがある丸太町で、昨年7位から順位を上げています。3位は、昨年は4位の神宮丸太町です。1位と2位は京都市中京区にある駅、3位~5位は京都市左京区にある駅が並ぶ結果となっています。

■住みここち(自治体)トップは、3年連続で京都市中京区

1位は、3年連続で京都市中京区です。2位~4位は、昨年と同じく京都市左京区、長岡京市、京都市上京区が続いています。トップ10内では、大阪府・奈良県との府県境近くにある京田辺市(昨年11位)が10位にランクインしていますが、その他の自治体は順位変動はあるものの顔ぶれは同じとなっています。

■住みたい街(駅)トップは、3年連続で京都

1位は、3年連続で京都です。2位は神戸三宮Aで、昨年6位から順位を上げています。3位は2年連続で梅田Aです。トップ5の顔ぶれを見ると、京都府の駅だけではなく、兵庫県や大阪府など他府県のターミナル駅も選ばれています。

■住みたい街(自治体)トップは、4年連続で京都市中京区

1位は、「住みここち(自治体)ランキング」でも1位の京都市中京区です。昨年は京都府の自治体のみを対象として集計していましたが、今年は全国の自治体を対象とした結果、2位に東京23区、3位には兵庫県西宮市がランクインする結果となっています。
 

  • 街の住みここち(駅)ランキング<駅:TOP20、因子別:TOP5>

「住みここちに関する59項目の設問」の因子分析から得られた8つの要素別で、ランキングを集計しています。
●「生活利便性」因子では、ターミナル駅の烏丸御池とその近隣の駅(京都市役所前・烏丸A・丸太町)、そして錦市場商店街の最寄り駅(烏丸A・京都河原町A)の評価が高くなっています。
●「親しみやすさ」因子では、京都と大阪の二大都市を結ぶ長岡京や、駅周辺に学校や保育園など子供の施設が多くある松井山手の評価が高くなっています。
●「自然観光」因子では、寺院や神社など京都で有名な観光スポットがある京都市左京区(北山・神宮丸太町・修学院)にある駅と、東山区(東山・三条)にある駅の評価が高くなっています。

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像6

TOP20外の駅 因子別順位トピックス

●交通利便性の2位は、十条(地下鉄烏丸線)、3位は、西山天王山(阪急京都線)でした。
●行政サービスの3位は、JR小倉(JR奈良線)でした。
●静かさ治安の3位は、山田川(近鉄京都線)でした。
●物価家賃の1位は、JR小倉(JR奈良線)でした。
●自然観光の2位は、東山(地下鉄東西線)でした。
●防災の1位は、山田川(近鉄京都線)でした。

•順位が「-」の因子は、偏差値が50未満のため表示していません。

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像7

 

  • 街の住みここち(自治体)ランキング<自治体:TOP19、因子別:TOP5>

「住みここちに関する59項目の設問」の因子分析から得られた8つの要素別で、ランキングを集計しています。
●「生活利便性」因子では、トップ5はすべて京都市の自治体が高い評価となっています。
●「静かさ治安」因子では、京都駅や大阪市内へのアクセスが比較的良く、利便性がありつつも自然豊かな郊外のベッドタウン(相楽郡精華町・木津川市・乙訓郡大山崎町)が高い評価となっています。
●「物価家賃」因子では、京都府南部にある郊外のベッドタウン(相楽郡精華町・木津川市・八幡市・城陽市)の評価が高くなっています。
●「自然観光」因子では、京都府北部の丹後半島周辺(与謝郡与謝野町・宮津市)の観光スポットと、寺院や神社などの有名な観光スポットが多い京都市内の自治体(京都市左京区・京都市北区)の評価が高くなっています。

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像8

TOP19外の自治体 因子別順位トピックス

●静かさ治安の3位は、与謝郡与謝野町でした。
●物価家賃の2位は、与謝郡与謝野町でした。
●自然観光の1位は、与謝郡与謝野町でした。

•昨年順位が「-」の自治体は、2021年は順位を発表していないため順位がありません。
•順位が「-」の因子は、偏差値が50未満のため表示していません。

 

いい部屋ネット「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<京都府版>」発表のサブ画像9

 

  • 調査概要

◇調査方法
株式会社マクロミルの登録モニタに対してインターネット経由で調査票を配布・回収。
◇回答者
京都府居住の20歳以上の男女、2019年~2022年合計14,862名を対象に集計。
[男女比] 男性47.4%:女性52.6%
[未既婚] 未婚38.7%:既婚61.3%     [子ども] なし 47.1%:あり 52.9%
[世代比] 20歳代15.1%、30歳代21.5%、40歳代24.8%、50歳代22.0%、60歳以上16.5%
◇調査期間
2022年3月8日(火)~3月29日(火):2022年調査(回答者数:3,752名)
2021年3月17日(水)~3月30日(火):2021年調査(回答者数:3,887名)
2020年3月17日(火)~4月3日(金):2020年調査 (回答者数:4,385名)
2019年3月26日(火)~4月8日(月):2019年調査 (回答者数:2,838名)
計14,862名
◇調査体制
調査企画・設問設計・分析:大東建託賃貸未来研究所 宗 健(所長)、調査票配布回収 : 株式会社マクロミル
◇回答方法
住みここちランキングは、現在居住している街についての「全体としての現在の地域の評価(大変満足:100点 満足:75点   どちらでもない:50点 不満:25点 大変不満:0点)」の平均値から作成。住みたい街ランキングは、入力された自治体名をもとに複数の候補を表示し選択してもらうフリーワード・サジェスト方式の回答から投票数を集計して作成。

•本リリースの一部また全部を、個人的な利用を目的とする印字・保存等、その他著作権法で認められる場合を除き、著作物等を著作権者等の事前の許諾なしに、複製、公衆送信、頒布、改変、他のウェブサイトに転載するなどの行為を禁止します。
•新聞・雑誌、テレビ・ラジオ等の報道関係者におかれましては、本リリースを掲載・報道または引用する場合には、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2022<京都府版>」と出所の表記をお願いします。
•本調査の対象となった自治体には、詳細データを提供可能ですので、個別にお問い合わせください。
•学術研究目的の場合、本調査個票データについて提供できる可能性がありますので個別にお問い合わせください。
•「住みここちランキング」WEBサイトでは、「住みここち」と街づくりに関する学術論文や調査データの解説記事を掲載しています。詳細につきましては、WEBサイトをご覧ください。

▼詳細はこちら
https://www.eheya.net/sumicoco/
▼プレスリリースはこちら
https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2022/sumicoco_kansai2022.html

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments