日曜日, 7月 21, 2024
ホームその他ケイアイスター不動産が運営する農園「ケイアイファーム」入社式を開催

ケイアイスター不動産が運営する農園「ケイアイファーム」入社式を開催

あらゆる従業員が共に活躍・成長できる職場環境の実現に向けて

ケイアイスター不動産株式会社が運営するケイアイファームにおいて、新たに4名の従業員を迎え、2022年6月2日(木)に入社式を開催しました。

 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二、以下「当社」と言う。)が運営するケイアイファームにおいて、新たに4名の従業員を迎え、2022年6月2日(木)に入社式を開催しました。
 

 

ケイアイスター不動産が運営する農園「ケイアイファーム」入社式を開催のサブ画像1

  • ケイアイファーム開園の背景

 当社は、性別、年齢、国籍、障がいの有無、性的指向、信仰など背景の異なる従業員の個性を尊重し、あらゆる従業員が共に活躍・成長できる職場環境の実現を目指しています。多種多様な視点を持ち寄り、その力を多分に発揮し、インクルーシブな組織を築き上げ最大価値を創出する、多様性を生かす組織づくり(ダイバーシティマネジメント)の推進をしています。
 その一環として2015年に障がい者アスリート雇用を開始し、2019年4月に当社所属の障がい者アスリート5名でケイアイチャレンジドアスリートチームを発足。現在ではアスリートを含め21名(2022年6月2日現在)の障がい者が活躍しています。ケイアイファームは、2021年6月1日から日建リース工業株式会社(本社/東京都千代田区、代表取締役社長/関山 正勝)が運営する「はーとふる農園愛川」の一画に開園しました。この取り組みにより、様々な障がい者の働く喜びとやりがいの場をさらに生み出し、多様な人材が活躍できる職場環境を実現していくことを目的としています。
 

  • ケイアイファームの活動

 ケイアイファームでは、2022年6月1日に新たに4名の障がいを持つ従業員が入社し、現在10名が従事しており、ベビーリーフを中心に様々な農作物の種植えから収穫までを行っています。
 2022年4月20日には、ベビーリーフを初出荷し、当社の東京本社にて従業員間の交流を目的に配布会を行いました。ケイアイファームの社内認知の向上と従業員間の交流を深めること、さらに従業員の健康促進を目的に、一部の従業員へ無償で配布しました。配布時は、当日の案内であったにも関わらず列を作るほどの大盛況となり、40袋あったベビーリーフはおよそ5分で配布終了となりました。(※1)
 

ケイアイスター不動産が運営する農園「ケイアイファーム」入社式を開催のサブ画像2

※1…2022.5.9 ケイアイファーム 初出荷のベビーリーフを従業員へ配布
    https://ki-group.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/05/2022.05.09_babyleaf.pdf
 

  • 今後の取り組み

 ケイアイファームでは、ベビーリーフを中心とした農作物の安定出荷を目指してまいります。また、健康促進を目標とする当社従業員への支給や、子ども食堂を運営するボランティア団体などへの寄付を目指します。その他、従業員の家族に農園を開放し農業体験などのイベント実施の検討もしており、本取り組みの理解を深めるとともに当社従業員のES(Employee Satisfaction=従業員満足度)の向上にも繋げてまいります。
 当社はケイアイファームを通しすべての従業員が長期的に安心して活躍できる職場環境を目指します。

■ ケイアイファームについて
 ケイアイファームは耐候性の高いビニールハウスと高床式砂栽培が導入されており、「簡単」、「キレイ」、「安全」な働きやすい職場環境が整えられています。

【名称】ケイアイファーム
【所在】神奈川県愛甲郡愛川町角田字西峰1992

ケイアイスター不動産が運営する農園「ケイアイファーム」入社式を開催のサブ画像3

■ SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み 

ケイアイスター不動産が運営する農園「ケイアイファーム」入社式を開催のサブ画像4

 本取り組みはSDGs(持続可能な開発目標)における下記8つの目標に貢献しています。当社は持続可能な開発目標(SDGs)の達成のために様々な取組みを実施しており、17のゴールのうち、「8.働きがいも経済成長も」「10.人や国の不平等をなくそう」の2項目を特に重視し積極的な外国人採用や働き方改革を実施しております。

 
 

■ケイアイスター不動産株式会社とは
 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』を提供しています。仕入れから販売までを一気通貫で行うリアル×テクノロジーの基盤である「KEIAIプラットフォーム」を構築。テクノロジーの積極的な導入とコンパクト戸建住宅による独自のビジネスモデルによって、国内分譲住宅市場シェアの拡大を図ります。今後も不動産業界のDXを牽引するリーディングカンパニーとして、価値ある分譲住宅を提供していきます。
 戸建分譲事業を中心に、1都1府15県(宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、佐賀、熊本、大分)で展開。年間5,400棟(土地含む)以上を販売(※)しています。2022年3月期の売上高は1,843億円(※)。一般社団法人日本木造分譲住宅協会の立上げに参加し、国産木材の利用を促進するなどESGにも力を入れています。
 2021年、経済産業省「新・ダイバーシティ経営企業100選」「DX認定事業者」認定、「2021年度グッドデザイン賞」受賞。(※グループ連結数値)
 

【会社概要】
社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証プライム市場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金  4,809百万円(2021.9.28現在)
設 立  1990年11月
従業員数 2,078名(連結 / 2022.4.1現在)
URL   https://ki-group.co.jp/
事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

 
【リリースPDF】
https://prtimes.jp/a/?f=d29869-20220613-7732340952cc0682896fb9a23dd9a8e1.pdf
 

【報道関係者からのお問合せ先】
ケイアイスター不動産株式会社 戦略開発本部 PR課
TEL:03-6551-2345  FAX:03-6551-2346 E-mail:press@ki-group.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments