土曜日, 4月 20, 2024
ホーム商品サービス「いえらぶサイン」契約書の送り分け機能を実装!書類ごとに閲覧者の設定が可能に!

「いえらぶサイン」契約書の送り分け機能を実装!書類ごとに閲覧者の設定が可能に!

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表:岩名 泰介、以下「いえらぶGROUP」)は、不動産業専門の電子契約システム「いえらぶサイン」にて、送付する書類ごとに閲覧者を設定できる「契約書送り分け」機能をリリースいたしました。

「いえらぶサイン」契約書の送り分け機能を実装!書類ごとに閲覧者の設定が可能に!のサブ画像1

■背景・概要

2022年5月18日に施行された改正宅建業法の施行によって、不動産取引の電子契約が全面解禁されたことや、コロナ禍の影響もあり、不動産業界でもオンライン化への期待が高まっています。
しかしながら不動産業の契約は複雑で、書類ごとに閲覧する関係者も異なります。そのため複数回に分けて送付したり、一部の契約書を個別に郵送したり、電子契約を利用してもなお煩雑な業務フローであることが課題でした。
この度、いえらぶGROUPが、不動産業専門の電子契約システム「いえらぶサイン」において、「契約書送り分け」機能を実装したことによって、書類ごとに閲覧者が異なる複数数の書類を、一度に送付することが可能となりました。不動産会社は、契約業務の効率化を実現するとともに、よりスムーズな取引体験を顧客に提供できます。

「いえらぶサイン」契約書の送り分け機能を実装!書類ごとに閲覧者の設定が可能に!のサブ画像2

■「いえらぶサイン」とは

「いえらぶサイン」契約書の送り分け機能を実装!書類ごとに閲覧者の設定が可能に!のサブ画像3

いえらぶGROUPが提供する不動産業専用の電子契約サービスです。賃貸借契約の締結・更新・解約業務をオンライン上で完結することを可能にします。弊社が提供する基幹システム「いえらぶCLOUD」に依存せず、現在ご利用の基幹システムと連携してご利用いただけます。

\いえらぶサインの特徴/

  • 家主、仲介会社、宅建士、連帯保証人などが関わる複雑な契約フローに対応
  • 賃貸借契約と合わせて交わされることの多い保証委託・保険契約、その他同意書類にも対応
  • 契約者の更新意思確認、本人確認書類取得もSMSの一括送信で行え、ペーパーレス化を実現
  • 契約書のひな型は契約ごとに現在ご利用のものを利用可能
  • 総務省・法務省・経済産業省・財務省から認可された電子署名、認定タイムスタンプを付与

「いえらぶサイン」契約書の送り分け機能を実装!書類ごとに閲覧者の設定が可能に!のサブ画像4

▼公式サイト

https://ielove-cloud.jp/service/sign/

「株式会社いえらぶGROUP」について


いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社様の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの運営会社です。不動産会社様の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。
いえらぶGROUPは、今後も不動産業界のDXを促進し、よりよい“住”環境の実現を目指します。

会社名:株式会社いえらぶGROUP
所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24F
代表者:岩名 泰介
設立:2008年1月
資本金:3825万円
コーポレートサイト:https://www.ielove-group.jp/
不動産事業者向けサービス紹介サイト:https://ielove-cloud.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments