火曜日, 5月 17, 2022
ホーム商品サービス3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売

https://www.daiken.ne.jp/products/environment.html#products02

建築金物・外装用建材・エクステリアなどの総合メーカー、株式会社ダイケン(本社:大阪市淀川区 社長:藤岡洋一)は、ラックが左右にスライドして動き、自転車の出し入れがしやすい「アルミ製スライド式自転車ラック」SR-AFR型・SR-AHL型の2タイプを2022年2月1日より発売します。

 

 

 

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売のサブ画像1_3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車を収容3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車を収容

 

  • スライド式自転車ラックについて

「スライド式自転車ラック」は、自転車を収容したラック自体がレールに沿って左右にスライドして動く構造です。出し入れの際に両隣のラックを動かしスペースを確保できるので、自転車の出し入れをしやすいのが特長。設置スペースに合わせて何台でも連結が可能です。
 

  • 新製品の特長について

新商品のSR-AFR型はラックを前後差で配列し、ハンドルやカゴの干渉を軽減するタイプSR-AHL型はラックを高低差で配列し、奥行きが取りにくい場所での省スペース設置を実現したタイプ。レールとラックの材質はアルミ製で、軽くて静かな操作性を実現。3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで、様々な自転車を収容できます。収納可能自転車質量は40kg以下、対応タイヤ径は12~28インチ(※SR-AHL型のラック高仕様は16~28インチ)。

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売のサブ画像2_SR-AFR型SR-AFR型

 

 

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売のサブ画像3_SR-AHLSR-AHL

 

  • 今後の展開について

当社は、スライド式自転車ラック以外に平置式自転車ラックや2段式自転車ラック、駐輪場屋根の製造・販売を行っており、豊富な駐輪場関係の製品ラインアップで、集合住宅・公共施設・商業施設などへの販売に力を入れていきます。

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売のサブ画像4_駐輪場屋根とスライドラックの組み合わせ駐輪場屋根とスライドラックの組み合わせ

 

 

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売のサブ画像5_垂直昇降式2段ラックとスライドラックの組み合わせ垂直昇降式2段ラックとスライドラックの組み合わせ

 

  • 株式会社ダイケンについて

3人乗り電動アシスト自転車から幼児用自転車まで様々な自転車が収容できる「アルミ製スライド式自転車ラック」2タイプ新発売のサブ画像6

1924年に戸車の製造を以て大阪にて創業。以来、建築金物・内外装建材・エクステリアなど数百種類以上の製品を製造する「建築金物総合メーカー」として、日本の住環境を支えてきた。駐輪場屋根・自転車ラックの製造ではトップメーカーであり、物置では日本で初めて家庭用物置を製造した歴史がある。JASDAQ上場企業(証券コード:5900)
————————​————​-
会社概要(令和4年2月現在)
〈JASDAQ上場(証券コード:5900)〉
・本社:〒532-0033 大阪市淀川区新高2-7-13
・代表取締役社長:藤岡 洋一
・WEBサイト:https://www.daiken.ne.jp/
・事業:建築金物・内外装建材・エクステリア金物等の製造
・創業:大正13年4月
・資本金:481,524千円

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments