木曜日, 5月 19, 2022
ホーム商品サービス賃貸住宅向けサブスクリプションサービス「noiful(ノイフル)」を開始

賃貸住宅向けサブスクリプションサービス「noiful(ノイフル)」を開始

賃貸住宅向けサブスクリプションサービス「noiful(ノイフル)」を開始のサブ画像1_noiful(ノイフル)ロゴnoiful(ノイフル)ロゴ

パナソニック株式会社 くらし事業本部 くらしアプライアンス社(以下、くらしアプライアンス社)は、先進の家電やこだわりの空間などを通じて上質で豊かなくらしを提供する賃貸住宅向けサブスクリプションサービス「noiful(ノイフル)」(※1)を開始します。

昨今、国内の不動産市場においては、人口減少などによりストック住宅(既存流通住宅)が増加傾向にあり、建物の老朽化や空き家・空室の増加など大きな社会課題となっています。一方、消費者の動向に目を向けると、所有するのではなく、必要な時に必要なモノを借りればよいという価値観が浸透するなどライフスタイルの多様化が進むとともに、在宅時間の増加に伴う「イエナカ」への意識の高まりから、より充実した住まい環境へのニーズが高まっています。

この度、新たに開始する「noiful」は、機能性とデザイン性を両立した先進家電と、家電の使い方サポートや、もしもの時の修理交換、入退去時の家電クリーニングなどをパッケージで提供するサブスクリプションサービスです。家電が調和するこだわりの詰まった上質な空間へのリノベーションもプロデュースします。本サービスを通じて、物件オーナーや管理会社には賃貸住宅の価値向上による物件運用の安定化を、住まい手には入居日から気軽に快適な生活をスタートできる「持たない豊かなくらし」を届けます。

また、物件紹介や内見、契約など、これまで対面での対応が不可欠だった諸手続きのDX化を進め、リモート内見やオンライン契約などスマートフォン上で完結するソリューションを提供。住まい手の利便性向上に加え、物件運営の効率化も実現していきます。

さらに、くらしアプライアンス社は、noifulで提供する家電のリユースにも取り組みます。本サービスを通じて家電の新たな循環スキームの構築を図り、持続可能なくらし・社会の実現に貢献していきます。

※1:noiful、noiful ROOM、noiful LIFEは、パナソニック株式会社の商標です。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 賃貸住宅向けサブスクリプションサービス「noiful(ノイフル)」を開始(2022年1月19日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/01/jn220119-1/jn220119-1.html

<関連情報>
・noifulサイト
https://noiful.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments