日曜日, 6月 26, 2022
ホーム経営情報(公社)東京共同住宅協会が『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック』第4版を刊行

(公社)東京共同住宅協会が『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック』第4版を刊行

公益社団法人東京共同住宅協会(会長:石川修詞)は、『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック第3版』の全面改訂を実施し、第4版を発行しました。
http://www.tojukyo.net/

(公社)東京共同住宅協会が『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック』第4版を刊行のサブ画像1

■本書の内容(目次)
<第1編>障害者グループホームに関係する皆様へ
第1章:障害者等の全体的状況
第2章:障害者グループホームの歩みと現状
第3章:障害者グループホームの開設 -物件取得方法、開設事例、情報入手
第4章:障害者グループホームの開設方法
第5章:障害者グループホームを取り巻く課題と関係者の声

<第2編>福祉系建物で不動産活用を考えてみませんか
第1章 厳しくなっている相続税課税の現状と対策
第2章 今後、成長が見込める賃貸需要とは?
第3章 市場調査と事業計画の検討事例(東京都A市での相談)

■発行の経緯
2008年に障害者グループホームの普及に向けて厚生労働省や東京都、障害者団体等の協力のもと「福祉住宅等の安定供給に関する実務研究会」を組織。研究会成果の一環として2011年に『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック第1版』を発行したところ、非常に大きな反響がありました。その後、「障害者自立支援法」から「障害者総合支援法」への改正や障害福祉計画の更新に際して版を重ねてきましたが、この度「東京都障害者・障害児施策推進計画(令和3年度~令和5年度)」が策定されたことに伴い、第4版の発行となりました。

■本書のポイント
①「東京都障害者・障害児施策推進計画(令和3年度~令和5年度)」に対応。
② 整備費補助申請手続、指定申請手続の最近の変更内容を整理して詳しく解説。
③ どのような不動産が障害者グループホームに利用できるのか、平面図で具体的に説明。
④ 初めてグループホーム開設に取組む方にも理解いただけるよう、一から分かり易く解説。
⑤ 身体・知的・精神の3障害をまとめて取り上げた入門ガイドブック。

■本書の概要
・編集・発行:公益社団法人 東京共同住宅協会
・体裁:A4サイズ2色刷(一部カラー刷)102ページ
・発行日:2021年12月15日
・価格:500円(送料別)

■当協会について
東京共同住宅協会は、東京で唯一の地主さん・家主さん・入居者さんのための公益社団法人です。

当協会は、1969年12月の発足以来、50年以上にわたり民間賃貸住宅のオーナーや入居者、住宅関係企業・団体を支援し続けており、2011年3月に公益社団法人として認定されました。近年では、複雑・多様化した不動産市場動向を的確に把握し、ニーズに沿った相談会やセミナーを開催するなどの公益活動を続けております。
 

(公社)東京共同住宅協会が『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック』第4版を刊行のサブ画像2

<参考>当協会の主な活動

(公社)東京共同住宅協会が『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック』第4版を刊行のサブ画像3

(公社)東京共同住宅協会が『障害者グループホーム開設に向けてのガイドブック』第4版を刊行のサブ画像4

http://www.tojukyo.net/

■本書のお申込み・本件に関するお問合せ先
公益社団法人東京共同住宅協会
福祉事業部長 橘 (たちばな)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目29番4号 原宿こみやビル4F
TEL:03-3400-8620/携帯:080-5940-7516
E-mail:info@tojukyo.net
URL:http://www.tojukyo.net/

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments