金曜日, 5月 20, 2022
ホーム調査レポート創業70年を誇るリフォームプロフェッショナル集団のアートリフォーム、10年間の中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化に関する調査を実施

創業70年を誇るリフォームプロフェッショナル集団のアートリフォーム、10年間の中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化に関する調査を実施

〜10年間でリノベーション意向は約20倍に。コロナ禍を経てリフォームのパーソナライズ化が主流に〜

中古マンション購入時のリフォーム・リノベーション工事を年間1,000件以上手がける株式会社アートリフォーム(本社:大阪府吹田市、代表者:代表取締役社長 大本哲也、以下「アートリフォーム」)は、中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化について調査を実施いたしました。

■10年間でリノベーション意向が約20倍に。リフォームニーズは現状回復から自分好みの家づくりへと変化
 

創業70年を誇るリフォームプロフェッショナル集団のアートリフォーム、10年間の中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化に関する調査を実施のサブ画像1

(図1 中古マンション購入時のリフォーム工事の件数・占有率 ※アートリフォーム実施工事件数より)

2011年は工事規模100万円未満の現状回復・メンテナンス工事が中古住宅購入時のリフォームの大半を占めていることがわかります。当時は、いわゆるリノベーションと言われる500万円以上の工事は年間5件と全体工事数の1%未満でしたが、2021年には10月までの施工数で120件と全体工事数の10%を占めるまでに増加しています。

 この背景には、国土交通省が中古住宅リフォームトータルプランとして、中古住宅流通、リフォームの市場規模を倍増させる計画を2010年に発表し、中古住宅流通量を増やすための施策を実行したことが影響していると考えられます。2020年時点では、国内の中古住宅流通量は新築住宅流通量と比較して18%とまだまだ少ないものの、首都圏におけるマンション流通量は2016年以降、新築販売戸数と中古流通量が逆転しており、首都圏のマンション流通の55%は既存住宅となっています。
 

創業70年を誇るリフォームプロフェッショナル集団のアートリフォーム、10年間の中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化に関する調査を実施のサブ画像2

(図2 首都圏のマンション流通量)
【出典】新築マンション販売戸数(株)不動産経済研究所 マンション市場動向
中古マンション成約件数 公益財団法人 東日本不動産流通機構 月例マーケットウォッチ                      
 
中古住宅流通量の増加に伴い、中古住宅を購入し自分好みのこだわりの家を作るリノベーションを行う傾向が高まったと考えられ、実際にライフスタイルや好みのデザインに沿った住宅を作りたいという当社への依頼もこの2〜3年は増加傾向にあります。

 

■コロナ禍での新たな需要。テレワークに適した住まいへのリフォーム依頼が増加
 

創業70年を誇るリフォームプロフェッショナル集団のアートリフォーム、10年間の中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化に関する調査を実施のサブ画像3

(図3 直近4年間のリフォーム推移 ※アートリフォーム実施工事件数より)

この10年間で中古住宅購入時のリフォーム依頼は増え続けていますが、現状回復の依頼件数は微増。一方、直近4年間は500万円以上のリフォーム件数は倍増しています。コロナ禍であることからリフォーム需要自体は横ばい傾向であるものの、リノベーション工事の依頼は増え続けています。

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い発令された最初の緊急事態宣言時はリフォーム依頼が減少したものの、ステイホームでのテレワーク需要が増えたことにより、テレワークしやすい住宅への買い替え、住宅内にワークスペースを設けるようなリフォーム需要も増えています。リビングに面していながらも空間を分けるようなワークスペース、ウォークインクローゼット内の一部を改装したワークスペース等、住まいとワークスペースを共存させるデザインが求められています。

創業70年を誇るリフォームプロフェッショナル集団のアートリフォーム、10年間の中古住宅購入者におけるリフォーム意向の変化に関する調査を実施のサブ画像4

(写真 アートリフォームで施工したワークスペース事例)

 

■今後のリフォーム需要予測。リフォームのパーソナライズ化が主流に

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、人々の暮らしや働き方は大きく変化しました。感染状況が次第に落ち着きを取り戻しても、オフィス勤務ではなく引き続きテレワークを導入する企業も多く、働き方の選択肢としてテレワークも一般化しています。自宅で過ごす時間はコロナ前と比較して大きく増え、今後もその傾向は続くことが見込まれます。子育てとテレワークを共存させる家、趣味と仕事を両立させる家など、住宅へのこだわりはますます強くなり、昨今流行りとなっているセルフオーダーメイドやパーソナライズの波がリフォーム業界でも主流となることが予想されます。

■アートリフォームの今後の展望:こだわり層に向けた買取再販事業を開始

アートリフォームは、新たな施策として2022年から買取再販事業を開始する予定です。既存住宅[s1] の買取再販事業は、手頃な価格でマイホームが手に入るということを価値とするサービスが主流でしたが、今後はこだわりのデザインのリノベーション住宅を選ぶ人も増えることが予測されるため、そういったこだわり層に向けたアートリフォーム独自のデザイン、機能を備えたリノベーション住宅の販売を計画しています。

アートリフォームは20年以上に渡って大手不動産仲介会社と提携し、中古住宅購入顧客に対してリフォームの提案を行っています。生活様式や人々の価値観の変化とともに今後も成長していくリノベーション住宅市場において、今後も多様なリフォームのご要望に応えていける組織やサービスを目指してまいります。

<調査の概要>
・調査期間:2010年1月1日〜2021年10月31日
・調査対象:12,608世帯(中古マンション購入タイミングでのリフォーム顧客)
・調査概要:10年間のリフォーム金額/顧客のリフォーム理由・意向

【会社概要】
創業70年、年間6,000件以上のリフォームを施工し、関東、関西、東海、九州に展開するアートリフォーム。大手不動産仲介会社各社のパートナーとなり、中古物件購入時のリフォームを手掛けるBtoB事業、WEBや折込チラシからの反響顧客に対するリフォーム提案のBtoC事業を手掛ける。利用者数No.1のリフォーム会社サイト「ホームプロ」においては11年連続でリフォーム完了件数西日本第一位。

■会社名 :株式会社アートリフォーム https://www.artreform.com
■所在地 : 大阪府吹田市千里万博公園6-3
■設立  : 1985年11月(創業:1952年)
■代表者 : 代表取締役社長 大本 哲也
■事業内容: 住空間を中心としたリフォーム・リノベーションの提案・設計・施工
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments