土曜日, 6月 25, 2022
ホーム商品サービスクリエイターのアイデアで、不動産投資の在り方を動かすWebメディア『GALILEO』がオープン

クリエイターのアイデアで、不動産投資の在り方を動かすWebメディア『GALILEO』がオープン

株式会社レーサム(東京都千代田区霞が関3-2-1、以下レーサム)は、2022年1月12日(水)に不動産投資家向けWebメディア『GALILEO』(https://galileooo.com/)をオープンしました。

クリエイターのアイデアで、不動産投資の在り方を動かすWebメディア『GALILEO』がオープンのサブ画像1

 

  • 『GALILEO』について

『GALILEO』は、不動産投資家向けの物件紹介メディアです。従来の投資物件紹介メディアとの最大の違いは、物件の魅力を数字以外の側面から伝えることです。
ネーミングの由来は、誰もが天動説を信じた時代に、地動説を唱えたガリレオ・ガリレイ。彼が遺したと言われる名言「And yet it moves.(それでも地球は動いている。)」になぞらえたステートメント「And yet, we move it.The way immovable assets investment should be.(それでも、私たちは動かす。不動産投資の在り方を。)」のもと、不動産投資に、新しい価値軸をつくることを目指します。

特徴.1「ストーリー」のある物件のみを紹介
歴史的・文化的価値を持つ物件や、特別な立地の物件など、物語のある物件以外は紹介しません。

クリエイターのアイデアで、不動産投資の在り方を動かすWebメディア『GALILEO』がオープンのサブ画像2

特徴.2 クリエイターが利活用「アイデア」を提案
建築家や芸術家、デザイナー、起業家など、各界のクリエイターが考える、物件を活かすためのアイデアを掲載します。

クリエイターのアイデアで、不動産投資の在り方を動かすWebメディア『GALILEO』がオープンのサブ画像3

特徴.3 暗号通貨決済など、新しい仕組みを導入
オープンでスマートな取引環境をつくるため、ビットコインでの決済を導入。不動産業界に新しい風を吹かせます。

クリエイターのアイデアで、不動産投資の在り方を動かすWebメディア『GALILEO』がオープンのサブ画像4

 

  • サービス開始の背景 ――不動産のポテンシャルを引き出し、投資家と社会に還元する。

投資である以上、現状の資産価値はもちろん重要な指標です。一方で不動産は、帳簿上だけに存在するバーチャルな資産ではなく、実用性を持ったリアルな資産でもあります。活用法次第でその資産価値は大きくも小さくもなるのです。
住む人や訪れる人の心を動かしたり、地域社会に影響を及ぼしたりし得るポテンシャルを秘めている不動産。そのポテンシャルを最大限引き出すことは、投資家にとっても、物件を利用する人や周辺地域の人々にとってもプラスになるはずだと、私たちは考えます。

 

  • 『GALILEO』Webサイト

https://galileooo.com/

 

  • 運営会社

商号:株式会社 レーサム Raysum Co.,Ltd.
設立:1992年5月1日
代表者:代表取締役社長 小町 剛
所在地:東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館 36階
連結純資産:490億40百万円(2020年3月31日現在)
免許等:宅地建物取引業 東京都知事(7) 第63142号
    不動産鑑定業 東京都知事(5) 第1569号
    不動産特定共同事業 東京都知事 第47号
    一級建築士事務所 東京都知事 第55605号
    金融商品取引業第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第1150号
    金融商品取引業投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第1150号

<GALILEOリリース情報>
https://prtimes.jp/a/?f=d24800-20220112-a615ddfc6a4f17668175c130d9f1bd77.pdf

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments