日曜日, 6月 26, 2022
ホーム経営情報海外不動産メディア・コンサルティング事業のプロパティアクセス。プレシリーズAで約2億円の資金調達を完了

海外不動産メディア・コンサルティング事業のプロパティアクセス。プレシリーズAで約2億円の資金調達を完了

Property Access(プロパティアクセス)株式会社は、2021年12月29日にプレシリーズAラウンドでの第三者割当増資を行い2億5百万円の資金調達を行いました。

東京、シンガポール、フィリピン、韓国を拠点とし、「海外×不動産×IT」で「世界不動産の透明化・流動化により人を幸せにする」をミッションとして掲げるProperty Access(プロパティアクセス)株式会社(代表取締役:風戸裕樹)は、2021年12月29日にプレシリーズAラウンドでの第三者割当増資を行い2億5百万円の資金調達を行いました。

引受投資家は、既存株主、事業法人並びにエンジェル投資家となります。今回の調達による資金を元に、2021年に成長したフィリピン不動産ポータル・DX事業、不動産流動化事業の構築体制それに伴う人員拡大を促進してまいります。

不動産市場の環境について
2020年に始まったCovid19のパンデミックにより世界の渡航制限が続き、依然として先行きは不透明です。しかしながら、当社の事業ドメインである東南アジアを中心とした不動市場環境は大きな打撃を受けることなく、住宅を中心に堅調な市場環境です。2021年12月時点で弊社経由における日本人投資家の東南アジア投資額は総額110億円を突破いたしました。

オンライン事業の促進について
上記環境の中で、現在ポータル・DX化のツール構築を推進しています。2021年9月にシステムの大幅改修を行い
リスタートしている「Propertyaccess.ph」は、11月にはウィークリーで6万PVとなり約10倍に成長。フィリピン国内のウェブサービスでは2021年最も成長したポータルとなりました。本サイトの利用対象者は、フィリピン国内のみならず、英語圏、韓国語圏、日本語圏の投資家を対象としています。

海外不動産メディア・コンサルティング事業のプロパティアクセス。プレシリーズAで約2億円の資金調達を完了のサブ画像1

フィリピン国内に限らず、二次流通市場が未成熟な東南アジア成長国では、情報の非対称性が著しく低いため、投資家、消費者に限らず不動産事業者においても安心した取引が行えず、特に「住宅市場」においては社会問題化となっています。弊社はこの問題に対してITで解決をしていきます。開発は、当社のアジア・パシフィックリージョンのチーム(オーストラリア人、フィリピン人、ベトナム人など)が主導して行います。

流動化事業の促進について
海外不動産の購入・売却・投資に関しては、日本の国内慣習とことなり多くの不便が生じています。投資を行いたい潜在投資家は多いものの、ローン環境の未整備、流動性の不安定さから投資を見送る投資家も数多くおります。そのため、流動化ができる土壌構築について検討を進めており、近日ファンド・アセットマネジメントのビジネス領域に進出予定です。
 

海外不動産メディア・コンサルティング事業のプロパティアクセス。プレシリーズAで約2億円の資金調達を完了のサブ画像2

Property Access株式会社 代表取締役 風戸裕樹より

海外不動産メディア・コンサルティング事業のプロパティアクセス。プレシリーズAで約2億円の資金調達を完了のサブ画像3

依然として海外渡航が厳しい現状の中で既存の投資家及び新たな投資家の皆様にご支援をいただきましたこと感謝しています。今回のコロナ渦が、皆様の働き方・家族や友人との過ごし方に大きな変化と気付きを与えたように、日本・世界の不動産・投資への考え方や未来についても変化と気付きを与えてくれています。
海外不動産においては、節税を含めた金銭的なリターンだけではなく、資産を増やすための海外への投資、そして拠点を海外に設けるなど「ビジネス・仕事そして次世代への教育」としての将来への自己投資を含めた変化です。昨年東南アジアに投資をしたお客様からも投資の目的の変化を感じ取りました。
海外不動産や投資環境の情報をリアルに得られないこの状況において、依然にも増して、人に対する信頼性が、情報の正確性・信頼性が必要になることは間違いありません。この変化を機会と捉え、携わる人の専門性と成長と市場を広げるためのIT化の双方について事業を拡大していく所存です。

【会社情報】
設立 :2018年3月
本社 :東京都港区北青山2−11−7青山但馬屋ビル4階
URL:https://propertyaccess.jp/

【お問い合わせ先】
E-mail:info@propertyaccess.co

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments