木曜日, 9月 29, 2022
ホームイベント「ポストコロナ時代のセカンドホームの可能性とは?」1月11日(火)ウェビナー開催!CEO福島弦が登壇

「ポストコロナ時代のセカンドホームの可能性とは?」1月11日(火)ウェビナー開催!CEO福島弦が登壇

ゲストは株式会社リゾートノート 取締役編集長 唐品 知浩氏、株式会社リクルート SUUMO編集長 池本 洋一氏

セカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home(サヌ セカンドホーム)」を運営する株式会社Sanu(本社:東京都中央区/代表:福島 弦)は、コロナ禍以降のライフスタイルの変化によって高まる複数拠点生活へのニーズと住まいの多様化を背景とした「セカンドホーム市場が持つ可能性とは?」をテーマに、2022年1月11日(火)19:30~ウェビナーを開催いたします。ゲストには、株式会社リゾートノート 取締役編集長 唐品 知浩氏、株式会社リクルート SUUMO編集長 池本 洋一氏をお迎えします。

「ポストコロナ時代のセカンドホームの可能性とは?」1月11日(火)ウェビナー開催!CEO福島弦が登壇のサブ画像1

日本のセカンドホーム保有率は総人口の0.7%。アメリカの6%、スウェーデンの15%という数字と比較すると分かるように、海外に比べると国内のセカンドホーム事情はまだまだ未熟であるといえます。一方で、国内人口の都市一極集中は進んでおり、コロナ禍以降、働き方や生活スタイルが急激に変化する中、「都市での生活拠点は残しながら、もう一つの拠点を持つ」セカンドホームや多拠点生活への意向が高まっています。

さらに、旅館業法とサービスが前進し、賃貸や所有以外の住まいの選択肢の幅が広がるなかで、セカンドホームのあり方も従来とは違った形が求められることが予想されます。

本企画では、こうした背景をもとに、以下のポイントについてお話しいたします。

  • 海外と比べて日本のセカンドホーム市場はなぜ広がってこなかったのか?
  • コロナを受けてセカンドホーム市場にどのような動きが出てきているか?
  • ニューノーマル時代に求められる新しい別荘・セカンドホームとは?

セカンドホームの購入・利用を検討している方はもちろん、土地オーナー様や観光・関係人口の創出によって地域活性化を目指す地方自治体・行政の皆様、各地の開発事業を担う開発業・旅客業の皆様まで、ご興味のある方は是非ご参加ください。

[ウェビナー開催概要]
■ 開催日時:2022年1月11日(火) 19:30 – 21:00
■ 登壇者:唐品 知浩(株式会社リゾートノート取締役編集長)、池本 洋一(株式会社リクルート SUUMO編集長)、福島 弦(株式会社Sanu CEO)
■ 配信方法:zoom(オンライン)
■ 参加費用:無料(要事前登録)
■ 参加申し込み方法:下記URLよりエントリー後、自動送信される招待メールより当日ご参加ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_UFLNtEehQiuxZaVpvRE5SQ

※申し込み締め切り 2022年1月11日(火)開始時間まで

[内容]

  1.  ​登壇者のご紹介
  2. 「日本のセカンドホーム市場が広がって来なかったのはなぜか?」
  3. 「コロナを受けてセカンドホーム市場にどのような動きが出てきているか?」
  4. 「ニューノーマル時代に求められる新しい別荘・セカンドホームとは?」
  5. 質疑応答(20分程度)

[このような方にオススメ]
・遊休資産をお持ちの土地オーナー様、不動産業者様
・地域活性化を目指す地方自治体・行政の皆様
・各地の開発事業を担う開発業者様、旅客業者様

【登壇者プロフィール】

「ポストコロナ時代のセカンドホームの可能性とは?」1月11日(火)ウェビナー開催!CEO福島弦が登壇のサブ画像2

唐品 知浩 ―株式会社リゾートノート取締役編集長

1973年生まれ。東京都出身。旅行会社勤務の後、株式会社リクルートへ。別荘系不動産広告営業に15年間携わる。その後独立し、別荘・リゾートマンション専門のポータルサイト『別荘リゾートネット』の運営を開始。同時にプロに任せず、施主を中心とした素人集団で小屋を製作する『YADOKARI小屋部』を発足。また調布を拠点に活動するデザイナーたちと、まちをリデザインする集団『合同会社パッチワークス』を立ち上げる。

 

「ポストコロナ時代のセカンドホームの可能性とは?」1月11日(火)ウェビナー開催!CEO福島弦が登壇のサブ画像3

池本 洋一 ―株式会社リクルート SUUMO編集長

 1972年滋賀県生まれ。1995年上智大学新聞学科卒業。 同年株式会社リクルート入社。 住宅情報誌の編集、広告に携わったのち、住宅情報タウンズ編集長などを経て、2011年より株式会社リクルート SUUMO編集長を務めるほか、SUUMOリサーチセンター長も兼任。住まいの専門家としてテレビ・新聞・雑誌などのメディア出演、講演、執筆を行う。

 

「ポストコロナ時代のセカンドホームの可能性とは?」1月11日(火)ウェビナー開催!CEO福島弦が登壇のサブ画像4

福島 弦 ―株式会社Sanu CEO

 北海道岩見沢市出身。2010年McKinsey & Company入社。日本、アジア、北米、中東にて、グローバル企業の戦略立案、政府関連プロジェクト、特にクリーンエネルギー事業に従事。2015年、プロラグビーチーム「Sunwolves」創業メンバーを経て、ラグビーワールドカップ2019日本大会の運営に参画。2017年 株式会社 Backpackers’ Japanに非常勤役員として、事業戦略立案を担当。2019年株式会社Sanuを創業。雪山で育ち、スキーとラグビーを愛する。

■ SANU 2nd Homeについて
SANU 2nd Homeは、「自然の中で生活を営むためのもう一つの家」を提供するサブスクリプションサービスです。セカンドホームの賃貸や購入ではなく、スマホひとつで月額5.5万円(税込)のサブスクに登録することで、都心から片道2時間程度の好アクセスな自然立地にあるキャビンを自由に選んで滞在できる、「都市から自然に繰り返し通い、生活を営む」新しいライフスタイルを提供します。既に初期会員枠は完売し、サブスク会員入会待ちのウェイティング登録をスタートさせております。

▼ウェイティング登録をご希望の方は、下記のURLよりご登録いただけます。
https://2ndhome.sa-nu.com/profile_form/1609243328961×580055050086326400

■株式会社Sanu
会社名:株式会社Sanu
代表者:福島 弦
所在地:〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町14-7 SOIL NIHONBASHI
SANU 2nd Home 公式サイト:http://2ndhome.sa-nu.com/
会社ページ:https://sa-nu.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社Sanu 広報担当 ( pr@sa-nu.com )

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments